Loading...

ナレッジセンター


High Risk Zip Attachments について
技術的な記事 ID:  KB80814
最終更新:  2014/02/13

概要

詳細
 

ZIP ファイルは通常ファイルの圧縮に用いられ、他のファイルやフォルダが収められています。 また、Microsoft Word の DOCX 形式のように、ZIPファイルには .zip 拡張子が使用されない場合があります。 MS Office 2007 や Adobe Acrobat 10 などのようなプログラムは、文書フォーマットの内部でZIP圧縮を使用します。 McAfee SaaS Email Protection Service ではこれらのファイルを ZIP archives と定義しています。

大きなファイルや深い階層のフォルダを含んだ高圧縮のZIPファイルは、ウイルススキャンの処理時間を増加させます。その結果、そのようなファイルをスキャンしている間、メッセージが数分遅延することがあります。

このような状況を予防するため、以下の条件を満たすZIPファイルを High Risk Zip Attachments と定義しています。

  • ファイルサイズが500MB以上のもの
  • ZIPファイルに100MB以上の容量のファイルが含まれているもの
  • ZIPファイル内のファイル数が1500個以上のもの
  • 圧縮レートが95%以上のもの
  • 3回以上入れ子になっているもの

これらのファイルを検出した時のアクションを、Message contains a high risk zip attachment で指定することが可能です。
設定方法は以下のQ&A をご参照ください。

Message contains a high risk zip attachment の修正手順
 

以前のドキュメント ID

MX12020102

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


SaaS Email Protection 1

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.