Loading...

ナレッジセンター


アンインストール(削除)方法
技術的な記事 ID:  KB80913
最終更新:  2014/02/13
評価:


概要

詳細:
 

McAfee SaaS Endpoint Protection (以下 SaaS EP) をアンインストールする方法は次のとおりです。

● Windows の [コントロール パネル] から [プログラムの追加と削除] 、又は [プログラムと機能] を用いる方法
SaaS EP のセキュリティ対策サービス毎にアンインストールすることが可能です。
  - McAfee Virus and Spyware Protection Service (ウイルスおよびスパイウェア対策)
  - McAfee Firewall Protection Service (ファイアウォール サービス)
  - McAfee Browser Protection Service (ブラウザ保護サービス)
● アンインストール用のツールであるクリーンアップユーティリティ (MVSUninst.exe) を用いる方法
SaaS EP のインストールやアンインストールのトラブルにより、コンポーネントの一部が削除できず各端末に残存している場合があります。
この不要なコンポーネントの一部が原因で、SaaS EP のインストールエラーや予期しない動作が起こる場合があります。
Windows の機能で削除できないコンポーネントの一部は、クリーンアップユーティリティを用いる方法で削除することができます。
(SaaS EP の全セキュリティ対策サービスがアンインストールされます。)
手順:

クリーンアップユーティリティ (MVSUninst.exe) を用いる方法は次のとおりです。

  1. SecurityCenter にログインします。
  2. クリーンアップユーティリティをダウンロードします。ダウンロード方法は KB80861 をご参照ください。
    クリーンアップユーティリティは、常に最新のものをダウンロードしてご利用ください。
    (各バージョンのダウンロード方法は KB80851 をご参照ください。)
  3. ダウンロードした MVSUninst.exe を実行します。
  4. アンインストール処理の最後に再起動要求画面が表示されます。
  5. すぐに再起動する場合、[OK] ボタンをクリックします。後から再起動する場合、[キャンセル] ボタンをクリックします。
  6. 端末を再起動します。
  7. Program Files\McAfee\Managed VirusScan、若しくは Program Files (x86)\McAfee\Managed VirusScan フォルダーが存在する場合、削除します。
  8. Internet Explorer のキャッシュ、クッキー、オブジェクトをすべて削除します。
  9. cio*.tmp を検索し、存在する場合すべて削除します。
  10. 端末を再起動します。

以前のドキュメント ID

TP509122510

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.