Loading...

ナレッジセンター


VSE 6807 & 6808 DAT Integrity Reporter
技術的な記事 ID:  KB80928
最終更新:  2014/02/13

概要

概要:

このツールは、ePO管理者権限でレポートを実行し、どのシステムがDAT6807またはDAT6808の影響を受けたのかという情報を’snapshot’で環境全体から採取するために使用します。

この情報を使用することで修復を必要とする環境において、該当システムを絞り込むことが出来ます。 このツールは該当システムの検出を目的としており、システムへの変更を行うものではございません。

詳細:

レジストリ値や、OnAccessScanLog.txt、McScript.logを含んだファイルからシステムが影響を受けたDATバージョンを 実行しているかを検査し、システムからの調査結果をキャプチャするためのエージェントイベントを生成します。チェックインされることによってePOから配布され、ePOパッケージとして展開されます。

動作環境:

このツールはePO4.5とePO4.6でサポートしている、VSE8.8と、VSE8.8 Enterprise Report Extensionが必要です。

重要なドキュメント:

実施するにあたって、既知問題やよくある質問ためのドキュメントをご確認ください。

その他:

ePO4.6のインポート可能なクエリも6807から6808の修復状況を追跡するために含まれております。
直接またはカスタムクエリのテンプレートとして利用可能です。

添付:

リリースノートのダウンロードはこちらから
VSE 6807 & 6808 Integrity Reporter_J_Ver6.pdf (240 K)

VSE 6807 & 6808 Integrity Reporterのダウンロードはこちらから
integrityreporter_v2007.zip (154.5 K)

以前のドキュメント ID

VE12082402

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.