Loading...

ナレッジセンター


VE12082001に関するよくあるご質問 - VSE 8.8.x において、DAT 6807/6808が問題を引き起こします
技術的な記事 ID:  KB80930
最終更新:  2014/02/13

環境

 

概要

環境:

McAfee VirusScan Enterprise 8.8 (すべてのパッチ・バージョンが対象)
DAT 6807, 6808

概要:

最終更新日時 2012/08/22 PM 7:00(US時間)

このQ&AサイトでDAT 6807/6808問題に関するよくあるご質問の一覧を掲載しています。本問題の現象や修復ステップの一覧はKB80930をご覧ください。

本問題に対する必須Hotfixのインストレーションに関するFAQ

・どのようにして、DAT 6807/6808 障害の影響を受けた端末を特定できますか?
公開しているHotfixを使用し、どのシステムで作業が必要か確認することができます。Hotfix 793781 (smaller package) をすべての端末に適用し、影響を受けているかどうか確認することを推奨します。Hotfixは正しく適用されるとシステムの情報を更新します。ePolicy Orchestrator (ePO) サーバ上で、SQLクエリを実行し"修正"フィールドを確認することができます。カスタムクエリの作成方法については、

・この問題を確認するための方法はありますか?
ePO経由でデータ分析を提供するためのVSE 6807 & 6809 Integrity Reporterツールをご用意いたしました。このデータは再起動が必要なシステムも識別します。

このツールを入手するために、以下のドキュメントをご覧ください。

VSE 6807 & 6809 Integrity Reporterツール

・Hotfix 793781 とHotfix 793640のどちらを適用すべきですか?
Hotfix 793781 (smaller package)を推奨します。これはDAT 6807またはDAT 6808の問題を修正するパッケージであり、Hotfix 793640との違いはDAT 6809を含まないことです。

・両方の Hotfix を自身の ePO リポジトリに入れる必要がありますか?
いいえ、お客様の環境に応じて必要は Hotfix を 1 つのみチェックインすることを推奨します。すでに Hotfix 793640 をチェックインしている環境で、Hotfix 793781 を配備する場合、793640 はリポジトリから削除してください。

・Hotfix 793781 パッケージは何をしますか?
Hotfix 793781 は大きなサイズの Hotfix 793640 と同じ修正を VirusScan Enterprise に適用します。但し、このパッケージには 6809 の DAT が含まれていません。
Hotfix 適用が必要な端末は、ダミーとなる DAT (バージョン 1111) が適用されます。この Hotfix を適用した端末は、即座に完全な DAT 更新が必要となります。デフォルトでは、アップデートはスケジュールされた次のアップデートタスク実行時に実施されます。すべての端末が最新の保護を提供できるよう、できる限り早くアップデートのスケジュールを設定することを推奨します。

注意: 更新が実行されるとDATの修復を必要とする端末は、完全なDATパッケージをダウンロードします。端末は一旦完全な DAT が適用されると、次回から差分更新となります。ePO から DAT のコンプライアンスレポートを使用することで、 DAT 1111 の端末を特定することができ、完全な DAT更新が必要な端末を決定することができます。

・DAT 1111が適用されているシステムは保護された状態といえますか?
Behavior Block機能は動作しています。しかしながら、全てのウイルス対策機能が動作するにはウイルス定義ファイルの更新が必要となります。

・DAT 6809以降が適用されたシステムにもDAT 1111はインストールされますか?
いいえ、DAT 1111はインストールされません。しかしながら、DAT 6807またはDAT 6808にて起こりえる”Trusted”として確認できない問題を修正するためにHotfix自体は実行されます。

・なぜDAT 6809もしくはそれ以降のシステムにDAT 1111がインストールされたのですか?
端末が正常な状態ではなかったからです。内部レジストリの値は製品によってロードされた最新のDATを保持します。もしこの値が6807もしくは6808を示し、端末がDAT修復を必要とする場合には、HofixはDAT 1111をインストールします。

・最新のDATがインストールされているのに、Hotfixの適用が必要なのはなぜですか?
DAT 6807または6808による問題を解消するには2つの修正が必要です。HotfixにはDATに関連した問題と”Trust”に関連した修正が含まれています。そのため、最新のDATがインストールされていたとしても”Trust”の問題を修正する為にHotfixが必要となります。

・Hotfix 793781で修正されたシステムを再起動する必要はありますか?
起動が必要となるケースは稀です。いずれかのHotfixを適用済みで、かつMcShield サービスが動いていないシステムにおいて再起動をすること推奨します。それ以外の場合には再起動は必要ありません。

・これらのHotfixはVirusScan Enterpriseの既存のHotfixを上書きしますか?
いいえ、この修正はDATにのみ関係し、影響を受けたシステムのVirusScanEnterprise コア コンポーネントのTurstを復元します。これはコード修正Hotfixではなく、他のHotfixやPatchに影響を与えるものではありません。

・両方のHotfixがインストールされたとレポートされるシステムがあるのはなぜですか?
すでにサイズの大きいHotfixを適用したシステム上でもHotfix 793781を実行することが可能な為です。もしこの状況が発生した時には、ePOの”修正”フィールドを通じて両方のHotfixの値が報告されます。この動作による悪影響はございません。

・Userアカウントを使用してHotfixをインストールすることができますか?
いいえ、Hotfixのインストールには、管理者あるいはシステムアカウント特権が必要です。

Hotfix 793640がDAT 6809をインストールするのはなぜですか?
パッケージに含まれているDAT 6809は、Hotfix 793640インストーラにて問題の修復のためにシステム変更をする必要があると判断された場合にのみインストールがされます。

・システムは完全な.zip DAT ファイルをダウンロードしています。この問題を解決するにはどうすればよいでしょう?
すぐにやらなければいけないのは、クライアントがDATのチェックを行うアップデート頻度を削減することです。問題が修正されるまで、完全な.zipはアップデートタスクが実行される度にダウンロードがされ続けますが、本Hotfixを適用することで、システムが修正されます。

・この修正は、DATバージョンが0000となる問題を修正しますか?
はい。DAT 6807/6808 問題の影響を受けたシステムは、DAT/Engineのバージョンが0000となります。Hotfix 793640を使用した場合は、すぐにDATバージョンが6809と表示されます。Hotfix 793781を使用した場合には、次回のUpdateが発生するまで影響を受けた端末のDATバージョンは1111と表示されます。

・Hotfixを適用した後、ePolicy Orchestrator上でまだDAT/Engine が0000となりますが何故でしょうか?
次回のエージェント-サーバ間通信が実行され、完全プロパティ情報がePOサーバへ送られると、コンソール上では正しい値が表示されるようになります。その時までは、エージェントはキャッシュされているデータ(最後に取得された値)をレポートします。正しい値を得るには、完全プロパティの収集を選択する必要があります。

・Hotfixパッケージの実行が失敗に終わるシステムがありますが、どのように修復すればよいでしょうか?
レジストリの値に誤りがあるために適用が失敗する報告を受けております。詳細な情報はKB80929をご確認ください。

動画チュートリアル

 

問題

 

システムの変更

 

原因

 

解決策

 

回避策

 

以前のドキュメント ID

VE12082301

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.