Loading...

ナレッジセンター


VirusScan Enterpriseの除外設定Q&A集
技術的な記事 ID:  KB80942
最終更新:  2014/04/10
評価:


環境

 

概要

次のリストはVirusScan Enterprise 8.xのファイルとフォルダの除外設定についてのFAQの一覧です。VirusScan Enterprise 8.xで除外設定をする場合、必要に応じてそれぞれのFAQを参照してください。

 

問題番号 Q&Aタイトル
KB80943 VirusScan Enterprise でSANとNASのマウントポイントを除外する場合の設定方法
KB80956 シマンテック Backup Exec 向けVSE除外設定方法
VE09050802 Oracle データベースサーバーをインストールした場合の VirusScan Enterpriseでの除外設定
KB80963 オンデマンド スキャンで、[アーカイブ (ZIP など) 内部のスキャン] を行うとスキャンが長時間継続する場合があります
VE09052801 URLベースでのスクリプトスキャン除外について
VE09050801 Microsoft Exchange 2007 をインストールした場合の VirusScan Enterpriseでの除外設定
VE09043004 DHCPまたはWINSサーバ上での除外フォルダの推奨について
VE09043003 Microsoft SQLとVirusScan Enterpriseの共存下環境におけるパフォーマンスの低下について
VE09043002 .JARファイルの除外について
VE07070503 VirusScan Enterprise で、ファイルやフォルダのスキャン除外対象とする場合のワイルドカードの使用方法
VE08100201 VirusScan Enterpriseをインストール後、バックアップソフト(ARCserve Backup Software) が停止する時があります
VE07060701 Microsoft Exchange/Microsoft Cluster Service環境下でVirusScan Enterpriseを使用する場合の注意点
VE07061501 Exchange サーバにGroupShield、VirusScanをインストールした場合の除外設定
KB57308 Active Directory またはファイル複製サービスを 使用した Windows ドメイン コントローラーにおける VirusScan Enterprise の推奨される除外
関連情報:

KB66909 VirusScan Enterprise exclusions (Master Article)

動画チュートリアル

 

問題

 

システムの変更

 

原因

 

解決策

 

回避策

 

以前のドキュメント ID

VE12032302

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.