Loading...

ナレッジセンター


LiveKD を使った、メモリダンプ作成手順
技術的な記事 ID:  KB80964
最終更新:  2014/02/13

概要

障害が発生し、現象の特定を行うために、テクニカルサポートでは、完全メモリダンプを必要とし、お客様に取得を依頼する場合があります。
完全メモリダンプの取得方法はいくつかありますが、本手順はテクニカルサポートの指示があった場合のみご利用ください。
お客様の現象により、本ツールにより取得した完全メモリダンプは解析に使用できない場合があります。

ダンプ作成方法
  1. マイクロソフト社のサイトから Debugging Tools for Windows をダウンロードします。
    http://www.microsoft.com/japan/whdc/devtools/debugging/default.mspx
  2. ダウンロードしたファイルを実行し、Debugging Tools for Windows をインストールします。
  3. セットアップが完了したら、マイクロソフト社のサイトから LiveKD.zip をダウンロードします。
    http://technet.microsoft.com/sysinternals/bb897415.aspx
  4. LiveKD.zip を展開し、それらのファイルを Debugging Tools for Windows をインストールしたフォルダにコピーします。
    デフォルトのパス
    32ビット OS
    C:\Program Files\Debugging Tools for Windows (x86)\
    64ビット OS
    C:\Program Files\Debugging Tools for Windows (x64)\
  5. LiveKD.exe を実行します。
  6. 以下の表示がされたら、 Y キーを押してから Enter キーを押します。
    Symbols are not configured. Would you like LiveKd to set the _NT_SYMBOL_PATH
    directory to reference the Microsoft symbol server so that symbols can be
    obtained automatically? (y/n)
  7. 以下の表示がされたら、 Enter キーを押します。
    Enter the folder to which symbols download (default is c:\symbols):
    ※シンボルが C:\Symbols にコピーされます。他のフォルダを希望の場合は、パスを入力して Enter キーを押してください。
  8. シンボルがダウンロードされ、 0: kd> という画面が表示されるまでしばらく待ちます。
  9. 以下のコマンドを実行するとダンプファイルが作成されます。
    .dump /f c:\dump.dmp
    ※ 先頭にドット (.) が含まれていますのでお気をつけください。
  10. 上記コマンド実行後、C ドライブに dump.dmp ファイルが作成されます。メモリの完全ダンプになりますので、メモリのサイズに比例してサイズが大きくなります。
  11. ZIP ユーティリティを使用して、圧縮し、テクニカルサポートの指示に従い、ファイルを送付します。

以前のドキュメント ID

VE10012801

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.