Loading...

ナレッジセンター


VirusScan Enterprise(VSE) 8.7iの隔離マネージャにバックアップファイルが作成されない場合があります
技術的な記事 ID:  KB80965
最終更新:  2014/02/13

概要

VSE8.7iではウィルス検出時のアクションにて削除もしくは駆除に失敗し削除が実施された場合にのみ、隔離マネージャ上にバックアップファイル(.BUP)が作成されます。

注意:
上記以外のアクション指定や下記のような場合には隔離マネージャ上にバックアップファイルは作成されません。

  • 右クリックオンデマンドスキャンにてウィルス検出時のアクションに”続行”を指定した場合
    ※駆除アクションを設定していてもファイルの内容全てが悪意のあるコードとなっているトロイの木馬に分類されるウィルスでは、”駆除”を指定してもアクションは実行されませんので、隔離フォルダへのバックアップ作成はされません。
  • オンアクセススキャンにてウィルス検出時のアクションを”ファイルアクセスの拒否”に設定している場合
  • オンデマンドスキャンにてウィルス検出時のアクションを”スキャンの続行”に設定している場合

以前のドキュメント ID

VE09061901

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.