Loading...

ナレッジセンター


電子メールアラートの一部が無効にできない
技術的な記事 ID:  KB80988
最終更新:  2014/02/13

概要

問題の詳細
 

McAfee Email Gateway (以下 MEG) v7.0 では、電子メールアラートを有効にした場合、送信するイベントタイプを選択することが可能です。

設定箇所: [システム] – [ログ、アラート、およびSNMP] – [電子メールアラート]
項目: [以下のイベントタイプに電子メールアラートを送信する]

ただし、下記のイベントについてはGUIの設定に関わらず、電子メールアラートが送信されます。

<対象のイベントタイプ>

  • 負荷分散のイベント
  • LDAPのイベント
  • ネットワークインターフェースのイベント

<電子メールアラートの例>

原因

これは正常な動作です。これらのイベントを無効にする設定はGUI上では提供されていません。

解決策

これらのイベントの電子メールアラートを無効にするには、下記の手順に沿って設定ファイルを編集する必要があります。

<設定ファイルの設定変更手順>
  1. MEGの設定ファイルをバックアップし、zip ファイルを解凍します。
  2. Config フォルダ配下の channels.xml をテキストエディターで開きます。
  3. ファイルの編集画面で「<Channel name="email" enabled="yes">」を検索します。

    注意: 過去のアプライアンスの操作によっては、name と enabled 属性が 「<Channel enabled="yes" name="email">」 のように入れ替わっている場合があります。「<Channel name="email" enabled="yes">」 の検索でヒットしない場合は、name と enabled 属性を入れ替え「<Channel enabled="yes" name="email">」 で検索してください。

  4. 「<Channel name="email"」内の項目から、以下の項目を検索します。
    1. <EventGroup name="lb" enabled="yes">:負荷分散のイベント
    2. <EventGroup name="ldapsync" enabled="yes">:LDAPのイベント
    3. <EventGroup name="nic" enabled="yes">:ネットワークインターフェイスのイベント

       
  5. 「enabled="yes"」 を  「enabled="no"」 に変更します。

        <EventGroup name="lb" enabled="no"> :負荷分散のイベントを無効にする例

  6. ファイルを保存し、再度設定ファイルをMEGに適用すると有効になります。

補足)

以前のドキュメント ID

MEG13031502

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.