Loading...

ナレッジセンター


スパム対策のスパムルールについて
技術的な記事 ID:  KB80992
最終更新:  2014/02/13

概要

問題の詳細
 

スパム対策スキャンで利用するスパムルールのスコア値は弊社による独自の分析によって最適されており、お客様がスコアを変更することはできません。
誤認や検知ミスが発生した場合には対象のメールサンプルを送付いただくことで今後のルールセット更新時の参考としております。
サンプル提出に関しては以下の手順で実施して下さい。

スパムルールの詳細な理由については以下のサポートQ&Aに記載の理由により開示しておりません。ご了承ください。

KB80994: スパムルールの詳細について

解決策

スパムサンプル送信方法は、以下の件名、送信先、メール本文、添付ファイルにて以下指定のメールアドレスへお送り下さい。

<メールの件名>
false positive (誤認(誤検知)の疑いがある場合)
または
false negative (通過(検知ミス)の疑い)
<スパムサンプルの送信先>
customer+false-positive@clicknet.com (誤認の疑いの場合)
または
customer+missed-spam@clicknet.com  (検知ミスの疑いの場合)
<メールの本文>
サンプルを送信するメールの本文には、会社名電話番号英語にて記入して下さい。
例)
Customer Name: McAfee, Inc.
Phone: 81-3-5428-1101
<スパムサンプルの添付>
サンプルの送信の際にはメールヘッダを含むすべての電子メールを「添付」として送信して下さい。
メールの一部分だけの送信であると、解析できない場合があります。

※「Outlook」等の場合は、該当のメールをドラッグアンドドロップにて保存してください。
※なお、サンプルファイルは標準のSMTP/MIMEフォーマットである必要があります(Outlook Expressのeml形式など)。
アプリケーション独自の専用の形式などの場合は解析が行えない場合があります。

■ 注意点

サンプルに送信されるメールの機密保持は保障致しかねます。その為、confidentialもしくはプライベートな電子メールサンプルを送付する際はご注意ください。
また、このサンプルの送付はあくまでもお客様からのフィードバックを頂く為の窓口であり、早急かつ確実に定義ファイル/エンジンへ反映されるとは限りませんので、予めご了承下さい。
尚、本サンプル提出プロセス及び送付先に関しましてはメンテナンス等により予告なく変更及びサービスを停止する場合がございます。

サンプル送付が出来ない場合にはしばらく時間をおいてから再度送付してください。

誤認の場合、特定のルールを一時的に無効にすることで問題を回避することができる場合もあります。
特定のスパムルールを無効にする手順は下記のサポートQ&Aをご参照ください。

KB80993: スパムルールの無効化について

以前のドキュメント ID

MEG12121003

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.