Loading...

ナレッジセンター


SMTP over TLS 接続設定の移行について
技術的な記事 ID:  KB81000
最終更新:  2014/02/19

環境


概要

問題の詳細

McAfee Email Gateway(以下MEG)v7.0はEmail and Web Security(以下EWS)v5.6の設定を引き継ぐことができますが、SMTP over TLS接続の設定を引き継ぐ場合には、予めTLS証明書と秘密鍵を含める」オプションを有効にして設定をバックアップしておく必要があります。

解決策

EWS v5.6 > システム > クラスタ管理 > バックアップと復元 > 構成をバックアップ

注意点:EWS v5.6で該当のオプションを無効にした設定をMEG v7.0に復元した場合、MEG v7.0側の設定値(電子メール > 暗号化 >TLS > SMTP Over TLS)はMEG v7.0のデフォルト値が利用されます。
また、EWS v5.6とMEG v7.0の該当設定値のデフォルトは以下のように異なっておりますのでご注意下さい。

EWS5.6 > 電子メール > 電子メールの構成 > プロトコル構成 > TLS(SMTP)

EWS v5.6のTLS接続リストにはデフォルトで何も登録されていません。

MEG v7.0 > 電子メール > 暗号化 > TLS > SMTP Over TLS

MEG v7.0のTLS接続リストにはデフォルトでドメイン「*(すべて)」に対して、TLSを「可能な場合使用する」オプションが設定されています。
EWS v5.6 で設定を引き継いだ場合にはここに引き継いだ値が設定されます。

動画チュートリアル


問題


システムの変更


原因


解決策


回避策


以前のドキュメント ID

MEG12091401

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.