Loading...

ナレッジセンター


異なるハードウェアおよびモデル間で設定ファイルを適用する前に注意する点
技術的な記事 ID:  KB81002
最終更新:  2014/02/13

概要

McAfee Email Gateway (MEG) 7.0 では、異なるハードウェアおよびモデル間での設定ファイルの共有が可能です。ただし、Virtual Appliance や Fiber NIC を使用している機器で作成した設定をCopper NIC を使用する機器に適用する場合には、事前に下記の設定を変更する必要があります。

 

<設定変更手順>
  1. 管理画面へログインし、設定ファイルを保存します。
  2. 保存した設定ファイルを解凍し、Configフォルダ内の「machine.xml」を開きます。
  3. 下記の項目を検索します。
    <Attr name="UseFibreNIC" type="bool" value="1"/>
  4. Valueの値を以下のように変更します。
    <Attr name="UseFibreNIC" type="bool" value="0"/>
  5. 設定ファイルを保存します。

※設定ファイルの編集および復元手順の詳細については下記のQ&Aをご参照ください。

<関連Q&A>
  • 設定ファイルの直接編集による設定変更方法 (問題番号 KB81003
  • 設定ファイルのバックアップ及び復元手順 (問題番号 KB81004

以前のドキュメント ID

MEG12061301

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.