Loading...

ナレッジセンター


コマンドラインを使用したエージェントアンインストール方法 (Windowsのみ)
技術的な記事 ID:  KB81021
最終更新:  2014/02/13

概要

前提

このサポート Q&A ではPolicy Auditor (以降PA) の操作における注意事項についてご説明します。システム要件や各項目の詳細などについては、各バージョンのマニュアルをご参照ください。

手順
  1. スタートメニュー > [ファイル名を指定して実行]から regedit と入力して [OK] を押しレジストリエディタを起動する。
  2. 下記キーを展開する。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Network Associates\ePolicy Orchestrator\Application Plugins\POLICYAUXXXX
    ※ 上記 XXXX の部分はバージョンによってい数値が異なります。 5.3 = 5300 / 6.0 = 6000 。
  3. 上記キーの Uninstall Command を右クリック[修正]を選択し、値のデータをコピーする。
  4. 3.でコピーした [値のデータ] の[/q] の部分を削除して[ファイル名を指定して実行] に入力して [OK] を押して実行する。
    例) msiexec.exe /x { 48804885-8367-42B0-A425-DA558F5CCD04 } /l*v "C:\WINDOWS\TEMP\McAfeeLogs\PAAGT530-Uninstall-MSI.LOG"
    ※ /q の部分を削除しないとサイレントモードでアンインストールが実行されます。但し、このモードはアンインストール完了のタイミングがアンインストールログを直接確認しない限り分かりません。
  5. アンインストールを示すプログレスバーが表示されますので、表示が消えたらアンインストール終了です。
備考

アンインストール時に REBOOT=Force REBOOTPROMPT=Suppress オプションを付加すると、サイレントアンインストール終了後に自動でマシンを再起動することが可能です。

例) msiexec.exe /x {48804885-8367-42B0-A425-DA558F5CCD04} /q REBOOT=Force REBOOTPROMPT=Suppress /l*v "C:\WINDOWS\TEMP\McAfeeLogs\PAAGT530-Uninstall-MSI.LOG"

以前のドキュメント ID

PA11100306

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


Policy Auditor 6.2
Policy Auditor 6.0

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.