Loading...

ナレッジセンター


監査実行時刻の設定方法
技術的な記事 ID:  KB81025
最終更新:  2014/02/13

概要

前提

このサポート Q&A ではPolicy Auditor (以降PA) の操作における注意事項についてご説明します。システム要件や各項目の詳細などについては、各バージョンのマニュアルをご参照ください。

手順

監査実行時はバックグラウンドで処理が実行されるため、リソースを消費することになります。管理者は実行時刻を制限することにより監査実行時刻をカスタマイズすることが可能です。

  1. ePOコンソール > メニュー > システムツリー > 対象のサブグループ/クライアント > 割当て済みポリシー > Policy auditor 5.X / 6.X  > 全般
  2. 下図のように実行させたくない時刻をクリックして青色マークしてブロックしたい時刻を指定する。
    全般オプション
  3. 設定後、クライアントマシンと同期を取れば、指定した時刻には監査は実行されません。

以前のドキュメント ID

PA11100302

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


Policy Auditor 6.2
Policy Auditor 6.0

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.