Loading...

ナレッジセンター


クラスタ環境のフェールオーバーノードにおいて、Risk Advisor 2.7.1のインストールに失敗する
技術的な記事 ID:  KB81028
最終更新:  2014/02/13

概要

環境:

McAfee Risk Advisor 2.7.1

問題:

ePO4.xのクラスタ環境において、フェールオーバーノードでRisk Advisor 2.7.1のインストールを実行すると、インストールに失敗します。

また、ログファイル(<computer_name>-Install-MSI.LOG)に以下のメッセージが記録されます。

1: 2012/06/04 10:19:13 CALog: gClusterEnvironmentDetected = [1]  gUpgrading = [0]
1: 2012/06/04 10:19:13 CALog: Setup detected MSI version [5.0.7600.16385] running on the system. bCorrectMSIDetected = [1]  nMsiTemp = [1]
1: 2012/06/04 10:19:13 CALog: MSXML 6.0 (32-bit) detected.
1: 2012/06/04 10:19:13 CALog: Internet Explorer 6.0 (32-bit) detected.
1: 2012/06/04 10:19:13 CALog: McAfee ePolicy Orchestrator 4.5.0 or higher NOT detected.
解決策:

クラスタ環境では、プライマリノードにRisk Advisor 2.7.1をインストールして下さい。

以前のドキュメント ID

RA12091405

このドキュメントを評価する

この記事によって問題が解決されましたか?

ご意見がありましたら以下にご記入ください

影響を受ける製品


Risk Advisor 2.7
Risk Advisor 2.6

Japan - 日本 (Japanese)
© 2003-2013 McAfee, Inc.