Loading...

ePolicy Orchestrator サービスの説明とプライマリ ログの場所
技術的な記事 ID:   KB81641
最終更新:  2019/06/11

環境

McAfee ePolicy Orchestrator (ePO) 5.x、4.x

概要

ePO は、3 つのサーバーサイド サービスと 1 つの Microsoft SQL データベースで構成され、それぞれが異なる目的を果たします:
  • アプリケーション サーバー サービス(または Tomcat )は、ePO コンソールの GUI を表示します。
  • イベント パーサー サービスは、環境内のクライアントからアップロードされたイベントを受け取り、それらを SQL データベースにパースします。
  • サーバー サービス(または Apache )は、環境内のすべてのエージェントとサーバー間の通信を処理して受け取ります。
注:3 つのサービスすべてが、 SQL データベースへの常時高速接続を必要とし、依存していることに注意することが重要です。


以下は、これらのサービスの主なログの場所です:
  • アプリケーション サーバー サービス (Tomcat): orion.log または orion_サーバー名.log の配置場所:
    ...\\server\logs\
  • イベント パーサーサービス: eventparser.log または eventparser_サーバー名.log の配置場所:
    ...\\db\logs\
  • サーバー サービス (Apache): server.log または server_サーバー名.log の配置場所:
    ...\\db\logs\

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.

言語:

この記事は、次の言語で表示可能です:

English United States
Japanese