Loading...

Knowledge Center


Windows 8.1 クライアントで暗号化したファイルを Windows Server 2012 R2 の共有フォルダへ保存すると、ファイルが破損します。
Technical Articles ID:  KB82157
Last Modified:  2014/12/08
Rated:


Environment

McAfee File and Removable Media Protection (FRP) 4.3

Microsoft Server 2012 R2
Microsoft Windows 8.1, 8.1.1

Problem

  Windows 8.1 クライアントで、明示的あるいはフォルダ暗号化ポリシーで暗号化したファイルを Windows Server 2012 R2 の共有フォルダへ保存すると、ファイルが破損します。

Solution

 McAfee は、現在この問題を調査中です。新しい情報が入り次第、この KB はアップデートされます。それまでの間は、暫定的に以下の回避策を実施してください。

Workaround

ファイル破損を防ぐために、Windows 8.1 と Windows Server 2012 R2 で使用される SMB v3.02 プロトコルを無効にします。

  1. Windows 8 クライアントで、管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。
    1. [スタート] をクリックします。
    2. [検索] をクリックし、検索ボックス内に cmd とタイプして CTRL+SHIFT+ENTER を押下します。
    3. ユーザアカウント制御のダイアログが表示された場合は、内容を確認して [はい(Y)] ボタンをクリックします。
       
  2. コマンドプロンプト上で、以下のコマンドを入力し Enter キーを押下します。

    sc.exe config lanmanworkstation depend= bowser/mrxsmb10/nsi 
     
  3. 以下のコマンドを入力して、Enter キーを押下します。

    sc.exe config mrxsmb20 start= disabled 
     
  4. クライアントマシンを再起動します。

注意事項:

  • Windows 7 及び Windows 8.0 クライアントは SMB v3.0 を使用します。したがって、Windows 8.1 クライアントのみで SMB v3.02 を無効にする必要があります。
  • コマンドラインの詳細、及び SMB プロトコル有効/無効の登録手順については、こちらを参照してください。http://support.microsoft.com/kb/2696547

Rate this document

Did this article resolve your issue?

Please provide any comments below

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.