Loading...

Rogue System Detection 5.0.x の既知の問題
技術的な記事 ID:   KB82244
最終更新:  2018/05/14
評価:


環境

McAfee Rogue System Detection (RSD) 5.0.x

概要

この記事の最新の更新:
日付 更新
2018 年 3 月 7日 タイトルの展開/折りたたみを追加するための更新。

この記事が更新されたときに電子メール通知を受け取るには、ページ右側の購読をクリックします。 購読するには、ログインする必要があります。

この記事には、この製品リリースでは未解決の高レベルまたは中レベルの既知の問題に関する重要な情報が含まれています。 リリース後に新しい問題が見つかったり、情報が追加されたりした場合、この記事は更新されます。 リリース ノートを確認するには、次を参照してください:
RSD バージョン 限定リリース (RTS) 一般リリース (RTW) リリース ノート
5.0.5 2016 年 12 月 7 日 2017 年 4 月 3 日 PD26995
5.0.4 2016 年 8 月 8 日 2016 年 10 月 5 日 PD26644
5.0.3 2016 年 2 月 23 日 2016 年 3 月 3 日 PD26358
5.0.2 2015 年 7 月 16 日 PD26020
5.0.1 2015 年 2 月 17 日 PD25729
5.0.0 2014 年 7 月 10 日 PD25283
注: Knowledge Base で言及するすべての将来の製品の機能またはリリースは、当社の製品に関する全般的な方針の概要説明を意図するものであり、これを確約と理解したり、これに依存して製品購入を決定することはできません。

更新およびメジャー リリースには問題解決が累積的に含まれているため、テクニカル サポートはこれらの最新バージョンをインストールすることをお勧めします。 ご使用の製品の最新のリリースを確認するには、製品ダウンロード サイト http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx にアクセスしてください。


内容
クリックして、表示するセクションを展開します。

現在、重大な既知の問題はありません。

参照番号 関連記事 検出された
バージョン
解決されたバージョン
問題の説明
1168105 5.0.5 問題: RSD アップグレードまたは新規インストールの後、RSD センサーが非アクティブになることがあります。

回避策: センサー サービスを再起動します。
  1. Windows キー + R キーを押して services.msc と入力し、OK をクリックします。
  2. McAfee RSD センサー サービスを右クリックして 再起動 を選択します。
  3. サービス コントロール パネルを閉じます。
1148678 5.0.4 問題: Windows 2012 サーバーで、バージョン情報は不正システムの検出で空白のまま表示されます。
1129269 5.0.4 問題: Balashapp.exe プロセスの CPU 使用率が高くなることがあります。
5.0.2 5.0.3 問題: RSD 拡張にいくつかのセキュリティ上の脆弱性が存在します。

解決策: RSD 5.0.3 でこれらの問題は解決されています。
1109879 5.0.2 5.0.3 問題: ドメインにないセンサーが管理対象デバイスとして表示されません。

解決策: RSD 5.0.3 でこの問題は解決されています。
1095488 KB86148 5.0.2 5.0.3 問題: 管理対象システムが不正として検出されます。

解決策: RSD 5.0.3 でこの問題は解決されています。
1085998 KB85773 5.0.2 5.0.3 問題: 検出されたシステムに NetBIOS 名に UTF8 以外の文字が含まれていると、RSD センサーは検出されたシステム データを ePO サーバーに戻すことができません。

解決策: RSD 5.0.3 でこの問題は解決されています。
1050755 5.0.1 問題: ePolicy Orchestrator (ePO) 5.3 および RSD 5.0.1 (またはそれ以降) を使用している場合、RSD サーバー タスクを実行してセンサーをアップグレードすると失敗します。 タスクは正常に終了しますが、タスクの詳細に「完了: センサー展開クライアント タスクの更新 (センサー展開クライアント タスクの更新に失敗しました)」と表示されます。

回避策: クライアント タスクを使用してセンサーをインストールまたはアップグレードするか、センサーを手動でインストールまたはアップグレードします。
1029590 5.0.0 5.0.1 問題: RSD 4.7.2 は RSD 5.0.0 以降にリリースされたため、McAfee では RSD 4.7.2 から RSD 5.0.0 へのアップグレードがサポートされていません。

回避策: RSD 4.7.2 をすでにインストールしている場合、RSD 5.0.0 をインストールするには、RSD 4.7.2 を完全に削除してから RSD 5.0.0 をインストールする必要があります。

解決策: RSD 5.0.1 でこの問題は解決されています。 RSD 5.0.1 は、RSD 4.7.2 からのアップグレードをサポートします。
1029145 KB83663 5.0.0 5.0.1 問題: 下記のアップグレード後に、配備された RSD 5.0.0 センサーで、McAfee Agent (MA) および ePO との接続が失われます。
  • MA 4.8 Patch 1 から MA 4.8 Patch 2 へのアップグレード。
  • MA 4.8 Patch 2 から MA 4.8 Patch 3 へのアップグレード。
すべてのセンサーが RSD 拡張ファイルで不明と表示されます。

回避策: センサー サービスを再起動して、センサーと MA および ePO との通信を再確立します。 センサーが再びポリシーを受信すると、センサーはアクティブまたはパッシブとして RSD 拡張ファイルに正しく表示されます。

解決策: RSD 5.0.1 でこの問題は解決されています。

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する