Loading...

Network Security Manager が応答しなくなります。
技術的な記事 ID:   KB83829
最終更新:  2017/12/04

環境

McAfee Network Security Manager 8.1.7.5

問題

network Security Manager は、段階的に反応が遅くり、最終的に応答を停止します。 マネージャに設定を反映させるには、サービスを再起動するかOSを再起動します。

Performance Monitor上ではjava.exeプロセスが20%以上のメモリを毎日消費しているよう表示されます。 Java用に予約されたすべてのメモリが使用されると、CPU使用率が 100%に上昇し、Managerが応答しなくなります。

原因

アラートのボリュームが非常に高い場合、SOLR データベースは大量のメモリを使用し、利用可能なリソースが枯渇するため、Network Security Manager がメモリ不足により不安定になります。

解決策

tms.bat を編集し、Network Security Manager のヒープ値を 4GB から 6GB に増やします。
  1. Windows エクスプローラーを起動します。
  2. D:\Program Files (x86) \McAfee\Network Security Manager\App\bin\tms.batをメモ帳などのプレーンテキストエディターで開きます。
  3. 次の行に移動します:

    set JAVA_OPTS=%JAVA_OPTS% -server -Xms2038m -Xmx4076m -Xss128K
  4. 以下の行を変更します:

    set JAVA_OPTS=%JAVA_OPTS% -server -Xms2038m -Xmx4076m -Xss128K

    変更後:

    set JAVA_OPTS=%JAVA_OPTS% -server -xms2038m -Xmx6144m -Xss128k
  5. Network Security Manager サービスを停止します。
  6. ファイルを保存します。
  7. Network Security Manager サービスを開始します。

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

影響を受ける製品

言語:

この記事は、次の言語で表示可能です:

English United States
Japanese