Loading...

Microsoft Patch MS15-111(KB3088195)または MS15-115(KB3097877)をインストールした後、アプリケーションが起動しない
技術的な記事 ID:   KB85920
最終更新:  2018/04/03
評価:


環境

McAfee Application Control (MAC) 6.x
McAfee Change Control (MCC) 6.x
McAfee File Integrity Monitor (FIM) 6.x
Microsoft Windows (all supported versions)
Microsoft Patch MS15-111 (Microsoft KB3088195)
Microsoft Patch MS15-115 (Microsoft KB3097877)

問題

Microsoft Patch MS15-111 、 MS15-115 、またはその両方をインストールした後、アプリケーションの実行に失敗します。 この問題は、 cmd.exe 、 cscript.exe 、 powershell.exe などのスクリプトインタプリタプロセスに影響します。
注: この問題は、他の Microsoft または置き換えられたパッチによっても発生する可能性があります。
スタートアップエラーの例:
cmd.exe- Application Error -- The application was unable to start correctly (0xc0000018)

解決策

This issue is resolved in MAC/MCC 6.1.3 Hotfix 13 and MAC/MCC 6.2.0 Hotfix 7.
マカフィーの製品ソフトウェア、アップグレード、メンテナンス リリース、およびドキュメントは製品ダウンロード サイト http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx から入手可能です。

注記: アクセスするには有効な承認番号が必要です。 KB56057 には、製品ダウンロード サイトに関する追加情報と、いくつかの製品に関する別のダウンロード サイトの場所が掲載されています。

回避策

この問題は、再起動後に解決する必要があります。 再起動後も問題が解決しない場合は、アップデータ(SAU)、メモリ保護(MP)、および自己承認機能としてスクリプトを無効にします。
  • スタンドアロン展開の場合は、コマンドラインインターフェイスから次のコマンドを実行します。
    • sadmin の機能は sau を無効にする
    • sadmin の機能は mp を無効にする
    • sadmin の機能は自己承認を無効にする
  • For ePO managed deployments, create a SC: Run Commands client task with the following arguments:
    • 機能は sau を無効にする
    • mp を無効にする機能
    • 自己承認を無効にする機能
ノート:
  • 機能を無効にするには、再起動が必要です。
  • 機能を無効にして、システムで実行するアプリケーションを許可する無効モードに切り替える必要があります。

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.

言語:

この記事は、次の言語で表示可能です:

English United States
Japanese