Loading...

SysCore 15.5を含む製品をインストールすると、Host Intrusion Prevention 8.0パッチ 5 - 7の信頼性が損なわれます
技術的な記事 ID:   KB87658
最終更新:  2017/12/20
評価:


環境

McAfee Host Intrusion Prevention (Host IPS) 8.0 パッチ 5-7

問題

SysCore 15.5 を含むすべての McAfee 製品をインストールすると、Host IPS 8.0 パッチ 5 - 7 で信頼がSysCore 15.5を含むすべてのMcAfee製品をインストールすると、Host IPS 8.0パッチ5 - 7の信頼が壊れます。
この信頼問題の症状は次のとおりです:
  • クライアントコントロール(clientcontrol.exe)は、ホストIPS 8.0パスワードで認証に失敗します。
  • ePolicy Orchestrator(ePO)は、実際に動作しているときにHost IPS 8.0クライアントが機能していないと報告します。
  • Host IPS 8.0ローカルイベントログは、Host IPS 8.0コンソールを使用してクリアすることはできません。
  • Host IPS 8.0の時間ベースのパスワードは機能しません。

システムの変更

SysCore 15.5を含む次の製品のいずれかがインストールされています:
  • McAfee Agent 5.0.4
  • Endpoint Security 10.2
  • VirusScan Enterprise 8.8 パッチ 8

解決策

この問題は、 Host IPS 8.0 Patch 8に存在します。

パッチ5 - 7のHost IPS 8.0ユーザーは、 ホストIPS 8.0のHotfix 1153407 をインストールするか ホストIPS 8.0のパッチ8にアップグレードする必要があります。 .

重要: Hotfix 1153407 は、Host IPS 8.0パッチ5、パッチ6、およびパッチ7を使用するシステムが 必須 です。

RTW - Patch 4のホストIPS 8.0ユーザーは、この問題の影響を受けません。しかし、McAfeeでは、Host IPS 8.0 RTW - Patch 4を使用し、 Host IPS 8.0 Patch 8 へアップグレードすることを推奨します。

更新は、ServicePortal https://support.mcafee.com/downloads にログオンすると入手できます。

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.

言語:

この記事は、次の言語で表示可能です:

English United States
Japanese