Loading...

ePO サーバーから別の ePO サーバーへポリシーとシステムを移行する方法
技術的な記事 ID:   KB88822
最終更新:  2018/07/10
評価:


環境

McAfee ePolicy Orchestrator (ePO) 5.x

概要

ePO サーバーから別のePO サーバーへポリシーとシステムを移動する必要がある場合があります。 この記事では、環境の中断を最小限に抑えるために重要な設定と、ePOサーバー間で転送する必要がある事項について説明します。

注: イベント、脅威イベント、およびSQL データベースに保存された情報は、新しい ePO サーバーに転送することは できません

開始する前に
ePO 5.xでサポートされている製品を確認し、必要に応じて、移行する 前に 環境内でこれらの製品をアップグレードします。
  • ePO 5.9 がサポートする製品 ( KB87142 )
  • ePO 5.3 がサポートする製品 ( KB82836 )
  • ePO 5.1 のサポートする製品 ( KB79169 )

Migration
  1. 別のサーバに 同じ バージョンのePO サーバをクリーンインストールします。 インストール ガイドおよびベスト プラクティス ガイドについては、この記事の関連情報のセクションを参照してください。
  2. インストールが完了したら、以下をエクスポートします。
    • システム ツリーを.txt ファイルとしてエクスポートします。
      1. システム ツリーから ユーザーの組織 を選択し、 システム ツリーのアクション からシステムをエクスポート をクリックし、 このグループのすべてのシステム を選択します。
      2. .txtとしてエクスポートを選択します。
    • ポリシーをエクスポートします (拡張ファイルは、両方の ePO で同じにしてください)。
      1. ポリシー カタログ に移動して、 エクスポート をクリックします。
      2. XMLとしてファイルをダウンロードします・
    • システム ツリーで、ポリシー割り当てをエクスポートします。
      1. システム ツリーから 割り当て済みのポリシー を選択します。
      2. アクション をクリックして、 割り当てをすべてエクスポート を選択し、ファイルをダウンロードします
    • システム ツリーでクライアント タスクをエクスポートします。
      1. システム ツリーから 割り当て済みのクライアント タスク を選択して アクション をクリックします。
      2. システム ツリーの割り当てをすべてエクスポートする を選択し、ファイルをダウンロードします
    • 事前に定義したクエリーとレポートをすべてエクスポートします。
      1. クエリーとレポート に移動し、必要なクエリまたはレポートを選択します。
      2. アクション クエリーのエクスポート をクリックし、ファイルをダウンロードします
  3. 新しい ePO サーバーに以前のリリースで取得されたファイルをインポートします。 インポートは、エクスポートに使用したのと同じ手順を実行しますが、代わりに インポート をクリックすることで実行されます。
  4. 新しいePOサーバーからMcAfee Agentを展開し、既存のバージョンに強制インストールをする。

    KB79283 の手順を使用して、あるePOインスタンスから別のePOインスタンスにシステムを転送することもできます。

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.

言語:

この記事は、次の言語で表示可能です:

English United States
Japanese