Loading...

Drive Encryption 7.2.1 以降がインストールされたオペレーティングシステムを Windows 10 にアップグレードする方法
技術的な記事 ID:   KB89000
最終更新:  2018/10/22
評価:


環境

McAfee Drive Encryption (DE) 7.2.1 or later

Microsoft Windows 10 (version 1607) Anniversary Update (Redstone 1 [RS1], second update)
Microsoft Windows 10 (version 1703) Creators Update (Redstone 2 [RS2], third update)
Microsoft Windows 10 (version 1709) Fall Creators Update (Redstone 3 [RS3], fourth update)
Microsoft Windows 10 (version 1803) Spring Update (Redstone 4 [RS4], fifth update)

サポート環境の詳細は KB79422 を参照してください

概要

この記事では、 DE 7.2.1 以降を使用しているシステムで、 Windows 10 Anniversary Update 以降にアップグレードするお客様をサポ​​ートするための手順とスクリプトを提供します。

2 つの解決策が説明されています。


解決策 1 - Managed deployment
Microsoft System Center Configuration Manager (SCCM) または他の管理ソフトなどを用い、ISOから更新する組織の場合

解決策 2 - Zero-touch - automatic updates
Microsoft Winodws Update または Windows Server Update Service (WSUS) から自動的に更新されるようにする組織の場合

アップグレードは次のオペレーティングシステムの、 BIOS(Basic Input / Output System) または UEFI(Unified Extensible Firmware Interface) システムを使用するように構成された Windows 10 オペレーティングシステムに対応しています。
  • Windows 7
  • Windows 8.0
  • Windows 8.1
  • Windows 10 (一般リリース)
  • Windows 10 November Update (バージョン 1511)
  • Windows 10 Anniversary Update (バージョン 1607)
  • Windows 10 Creators Update (バージョン 1703)
  • Windows 10 Fall Creators Update (バージョン 1709)
  • Windows 10 Spring Update (バージョン 1803)

重要:
  • DE が無効化されているシステムでは、ファイルが空の場合は SetupConfig.ini を手動で削除する必要があります。 空の SetupConfig.ini は、次のエラーメッセージを引き起こすことが分かっています。「Windows Update の失敗(0x80070490)」
  • DE 7.2.1 またはそれ以降は、 Windows 10 Anniversary Update またはそれ以降へのアップグレードを開始する前に実行する必要があります。
  • Opal ハードディスクのアップグレードはサポートされません。
  • Microsoft Volume License Service Center(VLSC)サイトから Windows 10 ISO をダウンロードして使用します。
    警告: この資料に記載されている手順は、公開されている Microsoft ダウンロードサイトの Windows 10 ISO では使用できません。
  • Windows 10 Creators Update 以降へのアップグレードを実行する前に、この資料の手順を完了する必要があります。
    警告: この記事の手順を最初に実行せずにアップグレードを実行すると、 Windows が正しく起動できなくなり、最初のシステム再起動後に次の 2 つのオプションが表示されます。
    • 問題のトラブルシューティング
    • PC をオフ
オプションを選択し、起動が失敗した場合の Windows PC をオフに 。 コンピュータの電源を再投入すると、アップグレードの前に Windows が以前のオペレーティングシステムの状態にロールバックされます。
  • アップグレードプロセス中、 Windows は 2 回のシステム再起動を実行します。 発生するこれら 2 つの再起動を許可することをお勧めします。 システムの再起動は、アップグレード プロセスの一部です。 DE の一時的な自動ブート機能を使用して、これらの再起動中に起動前を無効にして、アップグレードプロセスをより合理化することができます。
マカフィーの製品ソフトウェア、アップグレード、メンテナンス リリース、およびドキュメントは製品ダウンロード サイト http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx から入手可能です。

注記: アクセスするには有効な承認番号が必要です。 KB56057 には、製品ダウンロード サイトに関する追加情報と、いくつかの製品に関する別のダウンロード サイトの場所が掲載されています。

解決策

Managed deployments
Windows 10 ISO を使用して Windows アップデートの展開を管理する場合のアップグレード手順:

Option 1 - /ReflectDrivers 引数を指定する場合:
  1. 管理者権限でのcmd.exe 、または使用ツールの展開スクリプトから、次のコマンドを使用します。

    Setup.exe /ReflectDrivers "%programfiles%\McAfee\Endpoint Encryption\OSUpgrade"

    または

    Setup.exe /ReflectDrivers "C:\Program Files\McAfee\Endpoint Encryption\OSUpgrade"
  2. 必要に応じて Windows 10 のセットアップ手順を完了します。

Option 2 - /ConfigFile 引数を使用する場合:
  1. 管理者権限でのcmd.exe 、または使用ツールの展開スクリプトから、次のコマンドを使用します。

    Setup.exe /ConfigFile

    Setupconfig.ini は "%systemdrive%\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\Windows\WSUS\SetupConfig.ini" にあります。
  2. 必要に応じて Windows 10 のセットアップ手順を完了します。

警告: ReflectDrivers 引数、SetupConfig.ini は変更しないでください。

解決策

Zero-touch - automatic updates
Microsoft Windows Update またはWindows Server Update Service (WSUS) を利用する場合のアップグレード手順:

特別な操作は必要ありません。

DE 7.2.1 では、アップグレードまたはアクティベーション中に自動的にドライバのパスと ReflectDrivers オプションが setupconfig.ini に追加されます。 Windows Update は、このファイルを読み取り、 Windows アップデートをインストールする際に、バックグラウンドで設定を適用します。

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

影響を受ける製品