Loading...

エラー 1336. (Endpoint Security 10.5.2 へのインストールまたはアップグレード時) このインストールを完了するために必要な一時ファイルを作成中にエラーが発生しました
技術的な記事 ID:   KB89844
最終更新:  2018/03/26
評価:


環境

McAfee Endpoint Security (ENS) 10.5.2
McAfee VirusScan Enterprise (VSE) 8.8.x

問題

ENS 10.5.2 へのインストールまたはアップグレード時、インストールプロセス中に MSI ポップアップエラーの原因となるエラーが発生します。 インストールは成功しましたが、システムによって次のポップアップエラーが表示されることがあります。
Error 1336. このインストールを完了するために必要な一時ファイルを作成中にエラーが発生しました。 フォルダ: C:\Program Files\McAfee\Endpoint Security\Threat Prevention System error code: 5.

システムの変更

この問題は、次のシナリオで発生します。
  • VSE 経由で ENS 10.5.1 をインストールまたは配備し、ENS 10.5.2 へアップグレードしました。
  • ENS 10.5.2 をインストールまたは配備しました。

原因

C:\Program Files[(x86)] \McAfee\Endpoint Security\Threat Prevention\IPS\HipHandlers64.dll は存在しません。 IPS ディレクトリからファイルが失われているため、MSI 修復はインストールの修復を試み、アクセス権がないために失敗します

解決策

この問題は Endpoint Security 10.5.3 で解決されています。製品ダウンロード サイト http://mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx から入手可能です。

注記: アクセスするには有効な承認番号が必要です。 KB56057 には、製品ダウンロード サイトに関する追加情報と、いくつかの製品に関する別のダウンロード サイトの場所が掲載されています。

更新は累積的です。このため、テクニカル サポートは、最新の更新をインストールすることをお勧めします。

回避策

この問題を回避するには:
  1. ENS の自己保護を無効にします。 ENS コンソールから、設定共通 に移動し、自己保護 を無効にします。
  2. ENS コンソールで [今すぐ更新] をクリックして、更新が完了するまで待ちます。
  3. ENS の自己保護を有効にします。

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

言語:

この記事は、次の言語で表示可能です:

English United States
Japanese

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.