Loading...

高いメモリ使用率が McAfee Agent プロセス mfemactl.exe で可能
技術的な記事 ID:   KB90531
最終更新:  2018/05/25
評価:


環境

McAfee Agent (MA) 5.5.0、5.0.6、5.0.5

問題

McAfee Agent Self-Protection 機能を担当するプロセスである Mfemactl.exe により、システムのパフォーマンスが低下する可能性があります。

システムの変更

Upgraded to or installed MA 5.0.5, 5.0.6, or 5.5.0.

原因

Syscore 参照オブジェクトが解放されていない MA コードで不具合が確認され、メモリリークが発生します。

最終的に、 mfemactl.exe は 32 ビットプロセス( 1.8 GB)で使用可能な最大量のメモリを消費し、リソースの問題が発生します。 他のシステムプロセスで必要とされる大量のメモリがあるため、パフォーマンスが低下します。

解決策

この問題は McAfee Agent 5.5.1 で解決されています。製品ダウンロード サイト http://mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx から入手可能です。

注記: アクセスするには有効な承認番号が必要です。 KB56057 には、製品ダウンロード サイトに関する追加情報と、いくつかの製品に関する別のダウンロード サイトの場所が掲載されています。

更新は累積的です。このため、テクニカル サポートは、最新の更新をインストールすることをお勧めします。

回避策

新しいバージョンの Syscore は、はるかに遅く、潜在的により管理しやすいメモリリークを経験します。

VirusScan Enterprise 8.8 Patch 9 以降のような新しいバージョンの Syscore を含む新しい管理下の製品インストールでのテストを検討してください。

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.

言語:

この記事は、次の言語で表示可能です:

English United States
Spanish Spain
Japanese