Loading...

McAfee Agent 5.5.3 スマート スケジューラー 拡張ファイルが SQL への接続をリークし、最終的にデータベース接続が切断される可能性がある
技術的な記事 ID:   KB91329
最終更新:  2019/03/24

環境

McAfee Agent (MA) 5.5.3
McAfee Agent 5.5.3 スマート スケジューラー 拡張ファイル

問題

McAfee Agent スマート スケジューラー 拡張ファイルバージョン 5.3.3 は、 SQL データベースへの接続をリークする可能性があります。 その結果、ポートが使い果たされたために SQL データベースに接続できなくなる可能性があります。

ePolicy Orchestrator のログオンページに、次のような警告が表示されることがあります:
ePolicy Orchestrator のライセンスが無効です
orion.log には、さらに詳細なエラーメッセージが含まれています:

java.sql.SQLException: com.mcafee.orion.core.db.base.DatabaseConnectivityException: Failed to get a connection: Network error IOException: No buffer space available

システムの変更

ePO 5.10 にアップグレードするか、McAfee Agent 5.5.3 スマート スケジューラー 拡張ファイルをインストールします。

解決策

この問題は、サポート対象としてリリースされた McAfee Agent 5.5.3 ホットフィックス 1247836 (HF1247836) で解決されています。

McAfee はこの問題を調査済みであり、現在はソリューションが提供されています。 このソリューションは現在一般公開されていませんが、限定リリース (RTS) のステータスです。 RTS ビルドを入手するには、ServicePortal にログオンし、サービス リクエストを作成してください (https://support.mcafee.com/ServicePortal/faces/serviceRequests/createSR)。 この記事番号を問題判別フィールドに指定してください。

リリース サイクルの詳細については、KB51560 を参照してください。

免責事項

この記事の内容のオリジナルは英語です。英語の内容と翻訳に相違がある場合、常に英語の内容が正確です。一部の内容は Microsoft の機械翻訳による訳文となっています。

このドキュメントを評価する

Beta Translate with

Select a desired language below to translate this page.

言語:

この記事は、次の言語で表示可能です:

English United States
Spanish Spain
Japanese